主賓の基本的な挨拶について


主賓の挨拶は、誰よりも先に行われる挨拶です。
しかもある意味、新郎新婦が選んだ存在でもありますので、
式の初めということもあり、堂々と挨拶をいたしましょう。

まずは、新郎新婦やご両家へのお祝いの言葉から入るのが基本でしょう。
そうしてから自分の紹介をしてください。
たまにどうしたわけか自分の紹介をしてからお祝いを述べる人がいるのですが、
やはりお祝いの言葉が先の方がいいと思われます。
そして忘れてはならないのは、自分と新郎新婦との関係性を伝えることです。

そこまですませましたら、着席を促す言葉を必ず述べてください。
主賓の挨拶ということで新郎新婦は勿論、両親などが立っています。
着席を促す言葉をかけるのは、マナーでもあります。
そして大変なのが、主賓というある意味特別な招待客という立場です。
そのことに対して僭越の意味を添えて、
他の招待客に対しての配慮も忘れないように言葉を添えましょう。

なにより難しいとされるのが、新郎新婦とのエピソードをいれることです。
勿論どちら側からでているのか判明しているので、片方だけとのエピソードで十分です。
そしてその人物が、とてもよく面倒を見ているので
普段から知っているというのなら全く問題はありません。
しかしあまり親しくないのに、
上の立場というだけで選ばれてしまった場合はありきたりなことしか話せません。

主賓の挨拶ですので、堅くても不思議ではありません。
もっと柔軟な挨拶にしたい場合は、
事前に相手(新郎または新婦)と話す機会をもって、膨らませる話をもっておきましょう。
忙しいので前もって紙に書いてもらったエピソードを読むのはやめておきましょう。
やはり自分の言葉でないですし、解釈を間違えていたらある意味双方の恥となります。
それでは折角の挨拶が台無しです。

それならエピソードは無難なものにしておきましょう。
人生の先輩としてのアドバイスや結婚生活を送る心得などに、
少し自分の経験などを踏まえて話すと、場が和みます。
そして一気に主賓らしく二人を励まし、勇気づけるはなむけの言葉を贈ります。
最後に、再びお祝いの言葉を述べて締めくくります。