ウェルカムスピーチについて


最近は、媒酌人を立てない場合が多くなりました。
それに伴って、新郎新婦、主に新郎が初めのあいさつをするようになり、ウェルカムスピーチといわれています。

ウェルカムスピーチの役割とは、会場の緊張感を和らげて、招待客の気持ちを盛り上げることにあります。
まずは、お礼の言葉から入ります。
そして挙式の報告をし、披露宴での役割、感謝の言葉を伝えて結べばいいでしょう。

自分の言葉で、丁寧に簡潔に伝えられれば大丈夫です。
誰も、そんなに長いスピーチを望んでいる招待客もいないでしょう。
ただ緊張のあまりに内容がとんでしまわないように、
そこは新婦が側にいてフォローがあっても微笑ましいものとなります。
ただ新郎を挨拶の主役と定めたならば、でしゃばりすぎないことも大切です。

招待客とは、これから長い時間を過ごす人を招いた人たちです。
その人たちの前での新郎新婦に対する、第一印象が決まりかねません。
また、あまりに定型文通りのスピーチですと全く印象に残らない場合があります。

そこで少しだけ、自分たちの気持ちや思いを伝えた言葉を入れた方がいいでしょう。
そのためには、書いてきたことを読むのはあまりお勧めできません。
紙を見ると、どうしても招待客との距離があります。
最悪、考えていた内容が真っ白になっても、
お礼と挙式の報告と楽しんでもらいたい思いを伝えることができれば十分です。
逆に、オリジナル溢れる言葉になるかもしれません。

だからといって、何も考えなくていいというのとは違います。
考えて練習することによって、とっさの言葉使いにも変化はあります。
自分よりも目上の方の前で、ため口などの醜態をさらさないのは大切です。
しかもウェルカムスピーチは、はじまりの言葉です。
招待客の気分を害する、はじまりはいけません。
丁寧な挨拶をするという思いだけは、忘れないようにしなければいけません。

余裕があれば、選んだBGMの説明や料理の説明などを加えてもいいかもしれません。
この披露宴は、自分たちが皆さんに楽しく感じてもらえる演出をしましたというアピールになるでしょう。