ウェルカムボードとサンキューカード


「ウェルカムボード」とは、招待客を迎える案内ボードのことです。
最近では、ほとんどの結婚式でウェルカムボードを見かけるようになりました。

結婚式場で用意することが多いです。
でも今では、自分たちでこだわりのあるオリジナルな「ウェルカムボード」を用意する人も多いようです。
また結婚式だけでなく、二次会にも役立つので便利です。
そして結婚式が終われば、記念品として家におけます。
そういった意味でも、手作りは思い出の品にもなっていいのでしょう。

大抵式場に相談をして準備してくださいますが、様々な種類があります。
コルクボードで手作りしたり、鏡に字を彫ったミラーボードに二人の写真入りのウェルカムボードなどです。
作るのにしても買うことにしたとしても、二人で気にいったものにするのが一番です。
しかしウェルカムボードは、結婚式の招待客を出迎える看板の意味もあります。
最初の演出ともいいます。
やはりインパクトにも残るような楽しいものを用意して、思い出に残る最高の結婚式にしたいですね。

「サンキューカード」とは、招待客の一人一人に新郎新婦がメッセージを書いたものです。
披露宴の開場前に、あらかじめ各招待客の席に置いておくことが多くなっています。
他には、披露宴終了後のお見送りする際に、手渡しするのもいいでしょう。

同じメッセージを書いた「サンキューカード」を全員分用意するか、
一人一人に違うメッセージを手書きで書くかは自由です。
ただ一人一人にメッセージを書けば、ゲストにとっても印象に残りことは間違いありません。
ちなみに「サンキューカード」の書き方も特に決まってはいません。
新郎が新郎側の招待客に書き、新婦が新婦側の招待客に書くパターンは
お互いを知っていますから書きやすいといえば書きやすいです。
こちらのサイトでは結婚披露宴でのメッセージカードを紹介していました。ゲスト一人一人に感謝の気持ちを伝えるのはとても素敵ですよね。

新郎新婦で1つのメッセージをそれぞれの招待客に書くのも知っている方が主導権を握った文章になるでしょう。
新郎新婦でそれぞれのメッセージを書くのは、親しさの具合が出て面白いかもしれません。
あなたたちはどれを選びますか。
青汁で気になるむくみを解消できるの解説もとても分かりやすく、参考になりますので、ぜひご覧ください。