結婚披露宴の席順はどうやって決めるの?


招待者リストをみながら、結婚披露宴の席順を決めます。
通常、席次は新郎新婦のメインテーブルに向かって、左手が新郎側、右手が新婦側になります。
上座から主賓、恩師や上司と続き、先輩や年上の友人、
友人や同僚に後輩、親戚と続いてから、両親や兄弟などの家族は末席となります。
またメインテーブルである高砂席に近いからといっても、柱の陰や出入り口の近くにしては失礼にあたります。

そして大きな問題となるのが、一番の上座がメインテーブルに背中を向けて座る状態になることです。
そうしたら一番の上座の方は、ずっと新郎新婦と同じ方向を向くことになります。
お祝いのために来てくださる方と、顔が合わせにくい状態になりかねません。
下見ができるのなら下見をして、しっかりした相談を係の人とした方がいいでしょう。
多少の配慮はしてくださるはずです。 希望をきちんと言いましょう。

また新郎と新婦で招待客は同数なのが一番いいのですが、
どうしてもバランスが悪い場合、融通が利くのは友人席です。
新郎新婦の共通の友人でしたら一番いい方法です。
もしそうでない場合は、知らない者同士が一緒のテーブルになっても楽しく過ごしてもらう配慮が必要です。
新郎新婦でよく話し合い、年の近い者、趣味や話が合いそうな人を近くにするようにしましょう。

これは知り合い同士の友人の場合でも、同じことがいえます。
また赤ちゃんを連れてくる人や小さな子供がいる場合は、
出入り口に近い席を用意した方が招待された側も安心できます。
特に赤ちゃんがいる場合は、様々なことを係りの人と打ち合わせしておくことも大切です。

席順は大切ですが、上司などの肩書ばかりに目をやってしまうのも問題です。
仲のよくない者を、隣同士ならないように気をつけましょう。
関係上友人をあまり多く呼べないからと、
特に仲のよい人を代表として呼んだ場合、知らない人同士が固まってしまうことになります。
友人も気疲れして、心から祝えなくなります。

ここは新郎新婦でよく話合いをして、楽しく過ごしてもらえる結婚披露宴を目指しましょう。