結婚披露宴の席次表はとても大事です


結婚披露宴の席次表は出席者が確定してから作ります。
席次を上座から主賓、恩師や上司と続き、先輩や年上の友人、友人や同僚に後輩、親戚と続きます。
両親や兄弟などの家族は末席と決められています。
呼ぶ段階で人数の調節などは出来ていると思いますが、
新郎新婦でバランスが取れているか確認しながら記入しましょう。

この記入の段階で、間違ってはいけないのは名前です。
普段しっかりと覚えているつもりでも、間違えていてはとんでもないことになります。
覚え間違いなどがないように、確認して記入しましょう。
また肩書や自分との関係なども、間違えては失礼です。
改めて上司などは確認を、自分の遠い親戚などは親に確認をとってもいいでしょう。

後は、式場にお願いするか、自分たちで作るかが問題です。
式場にお願いする方が楽ではあります。
結婚披露宴の前にやることは山のようにあるという方たちは、素直に式場の方にお任せいたしましょう。
ただし間違えやすい「名前」などはしっかりとお願いして頼みましょう。
あちらもプロとはいえ、「名前」だけは当てはまった確実な漢字というものはないのです。

手作りにする人は新郎新婦で、お互いに確認しながら間違えないように記入していきましょう。
手作りは当たり前ですが、自分たちで何もかもしなければいけません。
ですが最近ではパソコン用の専用ソフトもありますし、紙も綺麗なのを売っています。
なにより温かな感じが、お客様のおもてなしにも一役買うことでしょう。
もしかしたらこれが「夫婦の初めての共同作業」の一つになるかもしれません。

手作りをするのは、もう一つのメリットがあります。
それは相手側の上司や先輩、同僚、友人、親戚などの名前が覚えられることです。
何度も慎重に確認しながら名前や肩書、関係などを記入します。
見続ければ、例え顔を知らなくても結婚披露宴の時に挨拶をすれば、
すぐに記憶から引っ張り出されて関係性が分かります。
後の付き合いにも大いに役立つことでしょう。