結婚披露宴の一般的な流れ


結婚式終了後、多くの方が身内や仕事関係者、友人を招き披露宴やパーティーを行うことが多いと思います。
ここでは、一般的な披露宴の流れを紹介します。
現代では昔に比べて、どのようにしなければならないという形式の披露宴は減ってきていると思います。
カップル自身が、どのような披露宴にしたいかを決める事も多くなってきています。
そもそも披露宴にこれといった決まりはありません。
しかし、会社の上司や親戚などが集まる場でもありますので、失礼のないようなプランをたてていきましょう。
こちらに花嫁に人気の結婚披露宴、列席者に人気の披露宴
どのようなものかが載っていますので参考にしてください。
また、何月が結婚披露宴にむいているか?はこちらを参考にしてください。

まず挙式が終わると新郎新婦は先に退場し、披露宴の準備を始めます。
この間にゲストの方は披露宴会場へ移動し、用意された席へ着席して待ちます。
最近ではこの時間に、ウェルカムドリンクを用意されていることもあります。

そして新郎新婦が準備出来ましたら、会場入口より新郎新婦入場です。
この際、入口の多い会場ではどこからの入場なのかサプライズになっていることもあります。
そして司会が宴開きの挨拶や自己紹介をし、新郎新婦の紹介などが行われます。
次に新郎、新婦の順に主賓の挨拶があり、続いて乾杯に移ります。
この時、乾杯の音頭をとる人がいますので、皆様も起立し乾杯しましょう。
乾杯が終わると、司会が新郎新婦のなれそめなどを話す場合もあります。

そして、一番目のシャッターチャンスであるケーキ入刀を行います。
是非、前へ行き素敵な写真をおさめましょう。
ケーキカットしたものを、ファーストバイトとして食べさせ合う演出がある場合も最近では多いですね。
そして大抵の場合、新郎新婦はお色直しで一度退場します。
ゲストはこの間に、歓談しながら振る舞われたお料理を頂きましょう。

お色直しした新郎新婦が入場しますので、手を止め迎えます。
この時、各テーブルへキャンドルサービスで挨拶回りをしますので拍手で迎えましょう。
次に、上司などから御祝いのスピーチがあり、余興が始まります。
余興が終わり、宴もクライマックスへ向かいます。
小さい頃からの思いでの写真などをスライドしたり、ビデオレターのようなものを流したりすることもあります。
感動的なシーンですので、音響などにも注目してみて下さい!

そして一番感動のシーン、新婦から両親への手紙です。
ほとんどの場合、新郎がマイクを持ち新婦に寄り添うように立ちます。
ゲストの方も、ハンカチのご用意をしておきましょう。

そして新郎新婦から両家両親へ今までの感謝の気持ちを込め、
花束贈呈があり、両家代表から挨拶があります。
新郎がする場合も多いですね。

そして宴、お開きの挨拶を司会がします。
素敵なエンドロール等と共に新郎新婦退場です。
一番大きな拍手でお見送りです。

そしてゲストも順に退場しますが、テーブルのお花やナプキンも新郎新婦からのもてなしなので持ち帰りましょう。
そして新郎新婦、両家両親のお見送りをうけ終了となります。
一般的な流れですので、多少違うこともあるかとは思いますが、大体このような流れで進行されます。

またこちらhttp://www.ihncleveland.org/w1.htmlには結婚披露宴のご祝儀ついて詳しく書いてあります。是非ご覧ください。