結婚披露宴の余興って何?


結婚披露宴では、両親や親戚や会社の上司や友達等のお世話になった親しい方々を招待します。
その時に、結婚することをみんなに披露し、祝福してもらう場であります。
流れとして、式の後に披露宴をすることが多く、食事の時間に合わせて披露宴をする方達が多いでしょう。

披露宴の一般的な流れとして、招待された方々が先に席につきます。
その後、新郎新婦が入場し、挨拶やケーキ入刀や余興等をしながら、運ばれてくる料理を頂くといった形です。
挨拶だけであとは自由時間となると、暇を持て余してしまうため、余興の組み込まれた披露宴が多いです。

余興とは、新郎新婦の友達や親戚の方々が、その場を盛り上げたり感動させたりします。
また、新郎新婦が自ら考えたことをする場合があります。
新郎新婦に頼まれた時は、お祝い事に相応しくないこと以外ならなんでも大丈夫です。
それは頼まれた方々で考えることもあれば、新郎新婦にお願いされたことをする場合もあります。

一番多いものは、カラオケですね。
歌の好きな方に歌ってもらえるようにお願いすると、お祝いの絡んだ歌を歌ってくれます。
みんなの気分を盛り上げるような楽しい曲を選ぶ方から、涙を誘うような感動した曲を選ぶ方がいます。
他にも、ダンスや手品や漫才等の自分の特技を披露したり、
笑わせるためだけにオリジナルで考えたりもあります。
余興の最中に新郎新婦を巻き込んで、一緒に余興をすると盛り上がったりもしますね。

新郎新婦側が考える余興には、自分達の小さい頃からの写真を映像で流すのがよくありますね。
他には、簡単なクイズをして正解した方にプレゼントを用意するようなものもあります。

余興とはこれだと言う決まりはありません。
しかし会場をしらけさせるようなことをしたり、
披露宴に相応しくない言葉を使うことだけはやめましょう。

そして、余興は何人かに頼んでいることも多いです。
頼まれた方はあまり長い時間してしまうと披露宴を壊してしまうことになるので、
短めの時間でできることを考えましょう。
新郎新婦どちらかに偏った余興にならないように、お互い同じぐらいのバランスで余興を頼みます。
余興をする時は、新郎新婦両方に向けた物にするのがお勧めです。

結婚式は、余興で決まるといっていい程大切なことです。
一生に一度の幸せな結婚披露宴を素敵な物にするために、
新郎新婦も友達も最高の余興を考えたいものですね。