ウェディングケーキはどれくらいのサイズが主流?


ウェディングケーキは三段重ねが主流で、一段一段に意味があることをご存知ですか?
はじまりは18世紀のイギリスで、ヴィクトリア女王の結婚式の時です。
その時に、三段重ねのシュガーケーキが作られました。

一段目は結婚披露宴に来てくださった皆様に振る舞うために、
二段目は結婚披露宴に来ていただけなかった方々に振る舞うためです。
そして、三段目は結婚記念日・将来子供が生まれた時に、食べる記念のケーキといわれています。
ですから、ケーキ入刀は一段目とされています。
当時のケーキは、幸せや豊かさの象徴でした。
その幸せをみんなで、分かち合って食べることに意味がありました。

イギリスでは伝統に従い、一番下の段はお祝いに来てくださったゲストに、
二段目は列席できなかった人に一切れずつ配ります。
そして一番上の段は、子供の誕生の時や結婚一周年の記念に、夫婦で食べるのです。
その為に中身はフルーツケーキを使い、日持ちさせるためにシュガーコーティングで仕上げています。
しかも娘が生まれた時、親が娘の嫁ぐ日のために、
フルーツをお酒に漬け込んでウェディングケーキの支度をします。
気の遠くなるけど、心温まる行為がイギリスにはあり、今でもこの習慣は受け継がれています。

日本にはありません。
意味を知らずに形から入った結果が、日本では独自に進化してしまいました。
ですからケーキも基本的に、生クリームが主体のケーキなのです。
入刀部分だけ本物のケーキのレプリカが出来たりしました。
今では、新郎新婦の二人のオリジナルケーキや花嫁が作るケーキを振る舞うなど、
本当に幸せを分かち合えるようになりました。

また本物のケーキが用意されることによって、
新郎新婦がお互いにケーキを一口ずつ食べさせあう「ファーストバイト」を行うようになりました。
新郎から新婦への一口には「一生食べるものに困らせないよ」という意味があります。
新婦から新郎への一口には「一生おいしいものを食べさせます」と言う意味が込められているのです。